積立FXで資産を構築する戦略

FXといえば、レバレッジを上手に使って為替損益をとるの王道でしょう。
しかし、それだけではありません。
実は、FXにはスワップポイントというのがあって、とっても魅力的なのです。

スワップポイントとは

FXとは国と国の通貨の交換なのです。
日本人なら円を売ってドルを買うということです。
日本の超低金利時代と米国の金利の差がスワップポイントとして恩恵を得られます。
ドル円の話をしていますが、ほかの通貨も基本は同じです。各国の金利差というのがスワップポイントです。
難しく考えると難しくなるのがFXなのでシンプルに考えるのがコツです。
単純にドルを買ってスワップポイントを取るのが積立FXです。

なぜ積立FXが優れているのが

スワップポイントの魅力は大きな金利を得られるという点です。
ドル円は年間で得られる金額は、80000円の投資が36000円の利息となって発生となるわけです。
これが銀行であれば、1円ぐらいではないでしょうか。
この高金利を得られるのですが、ドル円の話です。
しかし、トルコリラ円だとさらに高金利ですので、多くの金利が期待できます。
とっても魅力的な方法なので、じっくりドルを保有していきたいと思っています。

リスクは何が考えられる?

投資をしていくことで最も大事だと感じてるのが、絶対視しないということです。
天才的な数学者だって、予想することは不可能なのです。
AIにしてもしかりです。
だから、万が一のことがあってもよいようにリスク分散しておくことが何より大事なんです。
大事な資産を全力で投資するなんて絶対にダメです。
さて、積立FXのリスクですが、当然のことながら、1ドル80円とか円高になったときです。
ドルを買うため、ドルが下がっていけばいくら高金利といえど含み損が多くトータルでは赤字になってしまいます。

積立FXのリスク対策は?

分割して買っていくというのが重要です。
短期でみれば、110円もあれば111円もあります。この小さな値動きは無視できるように、
定期的に条件通りにドルを買っていき、購入平均値を下げていくということです。
長期的にみれば、80円から120円の範囲を推移してます。
だから、月に1度とかのタイミングで購買するのが基本となります。
平均値が下げられれば、いつかは平均値を上回る数字に推移します。

積立FXの具体的な方法は?

口座開設ができたら、月足でドル円のチャートを見てください。
すると、赤、青の図のようなものがあるかと思います。
まずは、チャート判断の基本は勉強しましょう。
といっても、陽線、陰線などの見方の基本だけで十分です。
月足チャートを見ながら、ロングポジションを少しずつ入れていきます。
そして、来月になるまで何もしません。どうですか?簡単ではないでしょうか。

まとめ

1.口座開設。
2.チャートの勉強。
3.売買をテスト的にしてみる。
4.ロングポジションを持つ
上記4つが大きな手順になります。そして、手順より大事なのが考え方なんです。
それは短期で考えないで長期で考える。これにつきます。
10年間という期間で得られる積立FXは下記をみればイメージしやすいです。
条件>>SBIFXトレードを利用してドル円を2万通貨買いポジション(証拠金80000円弱)
1日100円のスワップポイントです。
月にすると3000円。年間36000円。
10年で36万円になります。
8万が36万です。
この考えたかの応用がいろいろありますが、基本通りに行えば、資産は十分構築できますね。
損失がでている途中でやめれば当然損した結果になります。
時間を味方にする最適な手法だと思います。

コラム

Posted by runmaga